Profile

カマタ ミノル
鎌田 穣

■得意分野
不登校の子供の親のカウンセリングとセミナー、家庭内・職場内・友人間の対人関係トラブル、パニック障害の発作コントロール、各種不安対処法、不眠改善、強迫性障害、抑うつ神経症、各種心身症へのbody & mindアプローチ、自己理解のお手伝い

■学位
1994年大阪市立大学にて、アドラー心理学にもとづく親教育をテーマに、博士(学術)号取得。 

■資格
公認心理師(登録番号第2990号)、臨床心理士、精神保健福祉士、(社)日本心身医学会認定医療心理士、 (社)日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士取得。

■経歴
昭和57年から大阪市中央児童相談所、黒川内科、大阪府警察本部少年課資質調査係、田附興風会(タヅケコウフウカイ)北野病院神経精神科、JR大阪鉄道病院神経科等の心理士、高石クリニック臨床催眠療法士、アドラーギルド教育研修部長を歴任。

大阪市立大学、関西大学、佛教大学、上智大学グリーフケア研究所、聖トマス大学、吉備国際大学、近畿大学附属高等看護学校等で教鞭を取ってきた。この他、滋賀医科大学精神医学講座客員講師、大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座特任研究員、東洋大学総合情報学部心理学系客員教授を兼任。

■社会的役職
現在、社団法人日本ヨーガ療法学会常任理事、専門資格委員、論文審査委員、研究支援委員。NPO法人日本ヨーガ療法士協会・大阪副幹事長。日本心理医療諸学会連合ヨーガ療法代表理事。日本心身医学会近畿地区代議員。<身>の医療研究会理事。NPO法人こころ・からだ研究所監事等。この他、元日本アドラー心理学会全国区理事、元国際アドラー心理学会国際評議員、元日本アドラー心理学会誌『アドレリアン』編集長・編集委員。元日本臨床催眠学会理事、事務局長、資格認定委員等歴任。

■臨床経験
臨床の基本は、アドラー心理学に基づく心理療法とカウンセリングのトレーニングを野田俊作先生の下で受けた。この30年は、主に心療内科において心身症患者への個人カウンセリング、個人心理療法、心理教育グループ、夫婦カウンセリング、家族カウンセリングを得意としてきた。また、アドラーギルドにおいて、グループ療法と心理教育グループを10年ほど担当していた。特に、アドラー心理学が最も得意とする不登校の子供の親のカウンセリングと親教育を得意として、博士学位論文はこの親教育をテーマとした。

この他、臨床催眠を高石昇先生に師事して学び、日常臨床でも利用し、特にパニック障害に対する「催眠下賦活鎮静法」の開発などを行なってきた。

近年では、2007年に木村慧心先生に師事してヨーガ療法を学び始め、2012年には伝統的ヨーガに入門した。その後、アドレリアン・カウンセリングとサイコセラピーの技術を援用したヨーガ療法独自の「ヨーガ療法ダルシャナ」のシステム作りに専念している。その集大成が『ヨーガ療法ダルシャナ』として2017年に出版し、現在、日本国内の標準テキストとなっており、英訳版も出ている。

現在の臨床の中心はヨーガ療法、アドラー心理学、催眠の3本柱で行なっている。臨床活動は心療内科と次世代心理療法研究会において、個人カウンセリング、オープン・カウンセリング、心理教育グループ、サイコドラマ等のグループ療法を行なっている。

■著書
共著で『心理・福祉のファミリーサポート』『心理査定実践ハンドブック』『心理臨床大事典』『カウンセリング辞典』『ヨーガ療法概論』等17冊。2017年12月に『ヨーガ療法ダルシャナ』出版。

■論文(代表的なもの)
1992:鎌田穣,親教育の概念をめぐって,阪市大児童・家族相談所紀要,9,41-52
1993:鎌田穣,STEPとSMILEにみられる親の支配的行動にたいするアプローチの違い,アドレリアン,6(2),
   88-94,日本アドラー心理学会
1993:鎌田穣,家族カウンセリングにおける治療目標設定のこつ,アドレリアン,7(1),18-22,日本アド
   ラー心理学会
1994:鎌田穣,アドラー心理学による母親面接,別冊発達18「発達とカウンセリング」,278-285,ミネル
   ヴァ書房
1994:鎌田穣,夫婦問題を扱うカウンセリングにおける解決目標,アドレリアン,8(1),1-9,日本アドラー
   心理学会
1996:林俊治,鎌田穣,302泣き笑い劇場(第1報)−遊び心をもった楽しいクラス運営−,アドレリアン,
   10(1),12-21,日本アドラー心理学会
1996:林俊治,鎌田穣,302泣き笑い劇場(第2報)−遊び心をもった楽しいクラス運営−,アドレリアン,
   10(2),82-95,日本アドラー心理学会
1996:鎌田穣,遊び心をもった楽しいクラス運営(総論),アドレリアン,10(2),96-106,日本アドラー
   心理学会
1997:鎌田穣,解決構成モデルによる不適切な行動への直接的介入,アドレリアン,11(1),8-15,日本アド
   ラー心理学会
2001:鎌田穣,催眠下における賦活・沈静法の実践 - パニック発作への直接的な対処法 - ,臨床催眠学, 2, 14-
   17, 日本臨床催眠学会
2003:鎌田穣, モデル人格を利用した不安軽減法の試み, 臨床催眠学, 4, 25-32,日本臨床催眠学会
2015:鎌田穣,ストレス・マネージメントとしてのヨーガ療法―心理療法としてのヨーガ療法概説―,<身>
   の医療,1:89-92,<身>の医療研究会Web版
2015:鎌田穣, 解決構成モデルに基づくヨーガ療法による健康増進,ヨーガ療法研究,13:70-77,日本ヨー
   ガ療法学会 

全論文は約80本、学会発表は約120本。


メッセージ

30年以上の臨床実績と研究に基づいて身につけた臨床の叡智、さらには5000年の歴史に裏打ちされたヨーガの智慧に基づいて、皆さんの悩みや諸問題に対応し、お役に立てるように最善の努力をいたします。

筆者自身、長い人生の中で多くのご迷惑をかけ、自身の悪行によって仕事も家も地位も名誉も失った時期がありました。多くの方々にまことに申し訳ないことをいたしました。その時、筆者を支えてくれたのはアドラー心理学の智慧であり、またヨーガ療法との出会いによって救われました。「わるいあいつ、かわいそうな私」という神経症的信念で暮らしていたら、そのまま破滅していたことでしょう。しかし、アドラー心理学においてもヨーガ療法においても、我欲から離れて「今ここで私にできること」を中心として生きることでした。また、すべては自身の意味づけによって変わるということをアドラー心理学の認知論、ヨーガのマーヤー論から学んだことによって、不幸のどん底に堕ちることはありませんでした。

これらの智慧に基づいて、現在お困りになっている皆さまのお役に立つことが共同体への貢献に繋がると考え、精進努力する所存です。そして、今生から離れる日まで、共に協力しながら生き抜いていきたいと願っています。